Voluntary sale

任意売却とは?

任意売却とは
  • 任意売却とは

    「任意売却」とは、銀行などの金融機関さんから住宅ローンなどの融資を受けているあなたと、その金融機関さんとの合意に基づいて、融資の返済が困難になったマイホームやマンションなどの不動産を処分(売却)する手続きです。
    本来、住宅ローンを完済した後でなければ抵当権などは解除できず、マイホームやマンションなどの不動産を売却することはできません。しかし、その解除を金融機関さんとの話し合いによって認めてもらい、一般の流通市場で売却するのが「任意売却」です。
    「任意売却」であれば、市場価格の8〜9割程度で売却できるので残債務が少なく、その返済計画も柔軟に対応してもらえるので、すっきりと明るく、希望を持った新生活を迎えられます。

どういった場合になり得るか?

具体的な売却理由の一例をご紹介

具体的な売却理由の一例をご紹介

・よりよい住まいへの住み替え
・家族構成の変化
・ライフスタイルの変化 ・資産整理

ネガティブな売却ご理由の場合

ネガティブな売却ご理由の場合
・離婚のご事情の場合
・住宅ローン返済の滞り
・事件事故・瑕疵(かし)
・周辺環境に問題があるなどのご事情の場合 など
  任意売却 競売
売却価格

高値売却で
手元資金が残る

競売よりも高く売却できるのでローンの残りが減ります。

市場価格を
下回る落札

建物内を見ずに購入する事になるので、市場価格より安く取引されます。
滞納税金等

各種滞納金を
支払える

銀行との話し合いで、売買代金の一部から控除費用として認めてえます。

各種滞納金が
そのまま

安く落札されているので、債権者である銀行も控除費用は認めてくれません。
引越し費用

引越し費用を
確保できる

引越しが必要な場合、銀行が売買代金の一部から控除費用として認めてくれたり、購入者が協力してくれることもあります。

引越し費用は
持ち出し

競売で落札されると、落札者が家の所有者になるので、多くの場合は支払われることがありません。
居住

住み続ける事も
できる

リースバックという方法を組み合わせると、家を売却した後も住み続けることができます。

強制的に
退去させられる

競売が決まると多くの買取業者が家の周りにやって来て、落札後は即明け渡しを迫られます。